UV硬化樹脂の研究・開発の流れ幕張フォトケミクス

UV硬化樹脂 開発の流れ

お客様ニーズへの対応は、基本性能を有する樹脂に性能付与技術を活用して「サンプル」
つくりから始めます。

flow

   
樹脂基本シリーズ
それぞれの素材に、密着性など
基本性能を有する樹脂シリーズ
ポリカーボネイト(PC)
PET、PMMA
PP、ABS 他
セラミックス
アルミ・金属類
ステンレス
ガラス 他
性能付与
高機能接着剤・コーティング剤用途に
多彩な物性を付与する。
  □ 耐熱性              □ 透明性
  □ 耐水性              □ 熱線・紫外線カット
  □ 高屈折率           □ 高硬度
  □ 柔軟性              □ 高・低密着性
  □ 低アウトガス         □ 絶縁性導電性
  □ 高・低粘度          □ 可視光硬化
  □ UV+熱併用硬化    □ 抗菌性、耐指紋性
  □ 両面テープ代用
  □ スクリーン印刷、ディスペンサー塗布適性 他

開発費用を極力抑え、お客様が求める高いレベルの樹脂開発を的確・迅速に実行します。


 <試作品作製 ⇒ 完成 までの流れの一例>
 
  Step 1. お客様の情報を基に、早急に基本樹脂の選定又は試作品を作製します
          down_m
          down_m  1次サンプル発送
          down_m
  Step 2. お客様テスト評価により、改善品の検討、作製 (又は開発終了)
          down_m
          down_m   2次サンプル発送
          down_m
  Step 3. テスト結果良好 → 開発終了
          down_m
          down_m    さらに細かいご要求にも対応
          down_m

 UV硬化樹脂が製品品質に大きく影響することや、お客様側のご都合により、開発が長期
 に渡る場合があります。
 弊社では、納得のいく樹脂が完成するまで継続し、同じように対応をおこなっていきます。